川の様子
2019/10/18
10月18日(金)、曇り/雨、濁り無し、気温24度

水位:0.72m(±0cm、平水、安居水位観測所)

本日は午前中は青空が見えていたのですが昼前あたりから急に土砂降りになり、雨が1〜2時間ほど続きました。
それにより水位が数cm上がりましたが、濁りの発生やダムからの放水量の増加、苔が飛ぶといった変化はありません。

天気予報では明日の土曜日も雨のち曇りですが、雨が止めば問題無く入川出来ます。

明日明後日の土日は隣町の周参見でロードバイクのイベントが開催されます。
【ライドオンすさみ2019】
http://www.ride-on-susami.com/index.html
日置大橋〜支流城川の範囲がコースとしても使用されるので、
20日(日)の朝6時〜8時頃
口ヶ谷〜久木〜ワルゴケ〜宇津木橋
の時間帯・範囲ではロードバイクの通行量が増えると予想されます。

 

釣果情報アップ
2019/10/18
10月17日の釣果

 

釣果情報アップ
2019/10/17
10月16日の釣果

 

川の様子
2019/10/15
10月15日(火)、晴れ、薄い笹濁り、気温22度

水位:0.72m(±0cm、平水、安居水位観測所)

本日も雲一つない晴天です。
昨日までは日中は25度を超えて少し動くと蒸し暑さを覚えてましたが今日は秋らしい気候となっています。

川は多少濁りは混じっていますが苔も全付きで友釣り可能です。
アユも卵を持ち落ちてきていますが反面、若い鮎もまだまだ残っています。

 

釣果情報アップ
2019/10/15
10月14日の釣果

 

台風一過後の川の様子
2019/10/13
10月13日(日)、晴れ、やや薄い笹濁り、気温25度

水位:0.82m(やや増水、安居水位観測所)

日置川流域の台風19号の影響は暴風くらいで雨の被害はとくに発生していません。
ただ三重や奈良での大雨の水がダム上流に加わったのか流入量は一時100トン近くになっていましたが、放流量は25トンを超える事はなかったので、ダム下流では苔も丸々残っています。

本日はオトリ鮎と遊漁券を取り扱って下さっている「森のお宿」が主催している日置川遊友会の大会がありました。
台風の影響が無い事を証明する様にアユがあちこちで跳ねており、調子のいい方は次々と釣果を上げていました。
日置川でもありがたい事に女性の釣り人が少しずつ増えてきています。

写真1:ワルゴケ1
写真2:ワルゴケ2
写真3:ワルゴケ3

 

川の様子
2019/10/12
10月12日(土)、雨/曇り、濁り無し、気温25度

水位:0.72m(平水、安居水位観測所)

台風の影響ですが土曜の夜から日曜の早朝まで雨は降っていましたが昼前には小雨が降ったり止んだりを繰り返す程度には落ち着いています。
強風が続いていますが雨量はかなり少ないです。
紀南地方では台風19号の影響のピークは過ぎた様に思えるので、
明日の13日(日)からアユの友釣りを楽しむ事が出来そうです。

今の所、苔が飛んでしまう様な増水や大雨は発生していません。


写真1:イチョウの瀬
写真2:口ヶ谷(上流向き)
写真3:口ヶ谷(下流向き)

 

川の様子、ダム放流
2019/10/11
10月11日(金)、曇り、濁り無し、気温27度

水位:1.20m
10日22時30分から殿山ダムがゲート放流を開始しています。

台風19号に備えての予備放流で、約60トンの水量を放流しています。
60トン程度なら水位の上昇だけでダム下流でも濁りはほぼ発生していません。
現時点(11日昼過ぎ)の天気予報だと日置川流域近辺では夜中に多少の雨が降る程度となっています。
予報通りならば13日(日)は入川出来ると思われます。

写真1:イチョウの瀬
写真2:口ヶ谷(上流向き)
写真3:口ヶ谷(下流向き)

 

川の様子
2019/10/10
10月10日(木)、晴れ、濁りなし、気温26度

水位:0.89m(+10〜15cm、やや増水、安居水位観測所)

本日も青空が一面に広がっていますが、殿山ダムが台風19号に備えて放水量を増やしているのでダム下流の水位は若干上昇しています。

朝晩はずいぶんと秋らしく涼しく、肌寒さを感じる様になりましたが日中は25度を超える状況が続いているお陰か釣果も20匹〜30匹の報告を多く頂いています。

台風19号の影響がどれだけ及ぶか心配ですが、少なくとも今日明日は友釣りを楽しめる環境が続きそうです。

 

釣果情報アップ
2019/10/10
10月8・9日の釣果

 

前ページTOPページ次ページ

- Topics Board --- Designed by ma-me.net -