新年のご挨拶
2020/01/06
新年、あけましておめでとうございます。

本日より組合業務を開始します。
今年度も日置川での川釣りを楽しんで頂ける様に
アユやアマゴ・ウナギの放流事業を始め河川の環境整備や
情報発信などに取り組んでいきます。

本年もどうか宜しくお願いいたします。

 

シーズン終了のご挨拶
2019/12/23
今年も早いもので、一年の締めくくりの時期になりました。
皆様には遠方より日置川へお越し頂き、ありがとうございました。

今年度は上流には一部湖産アユを放流を行い、下流は解禁前は天然遡上が豊富に確認できシーズン中の盛り上がりを期待していたのですが7〜8月の長雨が原因で夏場はあまりアユ釣りを楽しんで頂けない状況が続きました。

しかし、ダム上流の支流前ノ川では尺鮎に近い良型がかかったという報告を頂き、ダム下流も8月前半や9月は大いに賑わい、喜びの声を多数頂きました。また、釣り人の皆様にはゴミの持ち帰り等の環境保全や地域活性にご協力頂きありがとうございました。

来年度もアユやアマゴ・ウナギの良質な種苗を確保し、河川清掃等の環境整備により一層の努力を致します。
来シーズンも是非、日置川へお越し下さい。

大変遅くなりましたが、これをもちまして令和元年度シーズン終了のご挨拶とさせていただきます。ありがとうございました。

 

釣果情報アップ
2019/11/06
11月2日〜5日の釣果


11月に入りましたがまだ友釣り出来る環境が続いています。
朝晩の冷え込みは冬の到来を感じさせますが、ここ数日は風もほぼ吹かず日中は暖かい日々が続いています。
釣果は15匹前後、13cm〜20cmの型の報告が多いです、
ダムのゲートに近い市鹿野や滝といったポイントのアユは20cm前後が多い模様です。



 

川の様子
2019/11/01
11月01日(金)、晴れ、濁りなし、気温23度

水位:0.86m(+10cm、やや増水、安居水位観測所)

先週までは曇り空が続いていましたがここ2〜3日は晴天であまり風も吹かない穏やかな気候が続いています。
例年ならそろそろ朝方は息が白みはじめてもおかしくはないのですが暖冬の様子で、日中は少し動くと汗ばむくらいには暑さが残っています。

産卵を控えて下ってきている落鮎も多いですが、反面まだ石についている若い鮎も例年に比べると多いです。
明日の土曜日からの連休も天候は安定している模様なので、アユ釣りが楽しめそうです。


写真1:イチョウの瀬
写真2:口ヶ谷(下流向き)
写真3:定置網漁で獲れた落ちアユ

 

川の様子、ダム放水停止
2019/10/28
10月28日(月)、晴れ、笹濁り、気温23度

水位:0.92m(+15〜20cm、やや増水、安居水位観測所)

26日(土)20時に殿山ダムのゲート放水は停止しました。


ダム下流の濁りはだいぶ薄れています。苔は大半は飛んでしまい石は全体的に白くなっていますが瀬はあまり白さが目立っていなかったので一部残っている感じはあります。
天気予報では明日29日(火)の午前中は弱雨となっていますが、それを過ぎれば晴れが続くようなので濁りも水曜頃になればほぼ薄れていると思います。


写真1:イチョウの瀬
写真2:口ヶ谷(上流向き)
写真3:口ヶ谷(下流向き)

 

川の様子、ダム放水開始
2019/10/25
10月25日(金)、曇り/雨、強い濁り、気温21度

水位:2.60m(入川不可、安居水位観測所)

昨夜の24日(木)22時00分から殿山ダムがゲート放水を開始しました。

最大で300トンの放水があり、河川は大幅に増水しています。
現在は150トンほどまで放水量は下がっていますが、ゲート放水が停止するまでは残念ながらダム下流の本流ではアユ釣りが不可能な状態となります。

 

川の様子、ダム放水停止
2019/10/24
10月24日(木)、曇り、笹濁り、気温22度

水位:0.92m(+15〜20cm、増水、安居水位観測所)

23日(水)午前11時に殿山ダムのゲート放水は停止しました。


川は笹濁りで浅い瀬などでは川底が見える程度には薄れています。
大雨が来なければ土日には濁りもほぼ取れていると思います。瀬の石は白くなっていますが鮎があちこちで跳ねています。
今朝は釣り人の代わりに川鵜や鷺がアユを狙って何羽も瀬で待ち構えているのが見られました。

 

釣果情報アップ
2019/10/24
10月23日の釣果


ダム下流の城川は濁りは出ていません。
25cmの良型の釣果も頂いています。

 

川の様子
2019/10/21
10月21日(月)、雨、強い濁り、気温21度

水位:1.27m(+40〜50cm、入川不可、安居水位観測所)

先日、殿山ダムが放水開始した18日(金)からずっと曇り空が続いています。川の水位は徐々に平水に戻りつつありますが、台風20号の影響でダムのゲート放水はもう数日は続きそうです。
ダム下流の本流は濁りが強いですが、支流の城川は濁りもなく苔も残っている場所があります。鮎が残っているかどうかは実際に竿を出してみないとわからないのですが、昨年の同時期に城川で護岸工事が始まるので現場を見に行った際は大きな鮎の魚影が見られました。

昨年は11月初めまで釣果情報が上がっていたので、今週中に濁りが取れれば来週いっぱいはまだ友釣りを楽しめる可能性があります。


写真1:イチョウの瀬
写真2:口ヶ谷(上流向き)
写真3:口ヶ谷(下流向き)

 

川の様子、ダム放水開始
2019/10/19
10月19日(土)、曇り、強い濁り、気温24度

深夜1時に殿山ダムが初期放流を開始しました。
ピークは早朝で450トン放水し、ダム下流の水位は
朝8時時点で2.9m(平水+2.1m)まで上昇しております。
昨夜はかなり激しく雨が降り続け、紀南地方で累計200mmの降雨量になっています。

残念ながらダム下流は数日は入川不可な状態となりました。

 

前ページTOPページ次ページ

- Topics Board --- Designed by ma-me.net -