アユ放流
2017/04/25
平成29年度のアユ放流は3月末から行いました。

放流したアユの稚魚は去年と同じ、主に県内の河口で採捕され、一定期間畜養して5〜7cmほどに成長した稚魚をダムの上流下流へと放流しました。

放流量は去年とほぼ同じの約4トンになります。
放流日は不運な事に雨になる事が多く、川も増水して放流には少し条件が悪かったのですが川の水温は高く、放流直後に稚魚が死んで川面に浮かぶ様な事はほとんどなく元気良く上流に向けて泳いでいきました。

ダム下流の天然遡上も良好で、3月は水が少なく寒い日が続いたので河口近くのポイントで稚魚が群れていましたがそれより上流ではなかなか稚魚の群れが確認出来なかったのですが、4月に入り頻繁に雨が降り、水温の上昇に伴ってアユも活発になり、4月半ばでは発電所が近い市鹿野橋でも稚魚が群れて黒く塊になっているのをいくつも確認出来ています。


写真上:アユ放流1
写真中:放流中のアップ
写真下:アユ放流2

 

アマゴ釣果情報アップ
2017/03/04
3月3日 の釣果

 

アマゴ解禁日の状況
2017/03/01
3月1日(水)、曇り、平水、濁り無し

本日からアマゴ漁が解禁しました。
午前11時の時点で入っている情報としては、

川添地区の将軍川で2時間の釣果で31匹、
正午までの釣果で48匹〜15匹の釣果が数件ありました。
近露地区の支流で約24cmの型が出ています。
富里地区の和田川で午前11時までの釣果で約50匹、
安川で20匹前後という情報を頂きました。

 

アマゴの釣果情報
2017/03/01
3月1日 の釣果

 

アマゴ解禁について
2017/02/28

3月1日(水)アマゴ漁解禁

アマゴの遊漁券の価格は以下の通りです。

一年券  5,400円(税込み)
一日券  2,160円(税込み)
現場購入は+1,000円
小中学生は一年券2,160円(税込み)


アマゴの放流量は下記の通りです。

昨年に稚魚6万尾
一昨年に発眼卵4万5千粒

発眼卵の放流では体長10〜15cmになるのは放流してから2年後の春という実験データが岐阜にあり、
日置川でも数年前から発眼卵の放流を行っており、
昨年の28年度のアマゴ漁解禁日ではよく釣れたという声をいくつか聞いているので、
今年も期待は持てると思います。


★★コンビニのアマゴ遊漁券取扱について★★
昨年までコンビニの電子端末でアマゴ遊漁券の一日券のみ発券・購入可能でしたが、残念な事に今年から取扱は出来なくなりました。
お手数をおかけしますが遊漁券の一日券はコンビニ以外の釣具店や川沿いの民宿など、他の取扱店でお買い求め頂ける様お願い申し上げます。

なお、正式導入はまだですがスマートフォンで遊漁券が購入出来る「つりチケ(https://www.tsuritickets.com/)」というWebサービスに日置川漁協を登録する予定です。

 

川の様子
2016/11/05
11月05日(土)、晴れ、濁り無し、渇水(安居:0.49m→平水-15〜20cm)

いよいよ日置川の友釣りシーズンも終わりに近づいてきました。
オトリを扱っているお店も昨日の11月4日入荷が最終という事です。
すっかりと川の水も風も冷たくなりましたが天候は良いので日中はまだ暖かく、アユもまだ若いのがおり跳ねているのがよく確認出来ます。


写真:安居の渡し場

 

釣果情報アップ
2016/11/05
11月04日 の釣果

 

川の様子
2016/10/31
10月31日(月)、晴れ、濁り無し、渇水(安居:0.43m→平水-20〜30cm)

段々と黒い鮎が増えてきていますが若い鮎も残っており友釣りは可能です。
11月初旬でもオトリ鮎を扱って頂ける店もあるので、去年同様に11月初旬まで友釣りシーズンは継続出来そうです。

 

釣果情報アップ
2016/10/31
10月30日 の釣果

 

川の様子
2016/10/29
10月29日(土)、晴れ、濁り無し、渇水(安居:0.44m→平水-20〜30cm)

雲一つ無い快晴で陽射しが当たる場所だと朝から暑さを覚えます、お昼には気温が21〜23度まで上昇するようです。

昨日の夕方にダムからの放水量が増加しましたが
1トン→5トン(通常時で10トン〜15トン)
と、通常に比べるとまだ少ないのでダム下流は依然として水位は低いですし濁りも出ていないので問題なく入川可能です。

 

前ページTOPページ次ページ

- Topics Board --- Designed by ma-me.net -